ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイトです。最新の金融情報をお届けします!

英国はBrexit(ブレグジット)で恩恵を受けているのでは?

「Brexit(ブレグジット)でイギリスは大変」と思っている人も多いようですが、実はそうでもなさそうです。

英国は2016年6月23日に行われた国民投票でEU離脱を選択し、2017年3月29日にEUに対して正式な離脱通知を行っています。

しかし、その後はスケジュールの延期を繰り返しています。

2019年7月24日にボリス・ジョンソン氏が首相に就任して以降、EU離脱機運が再び高まり、早ければ10月にも結論が出そうな状況です。

Brexit (ブレグジット)により、特にポンド安を懸念する声がよく聞かれます。

EU離脱が決まった国民投票の翌日である2016年6月24日に、1日で英ポンド(対ドル)が8.1%も下落したイメージが大きいのかもしれません。

ドル/ポンド推移

たしかにその後も英ポンドは対米ドルで弱含みで推移しています。

しかし、ポンド安で英国が恩恵を受けているという側面もあります。

新興国とは異なり先進国の場合、通貨がコントロール不能となりハイパーインフレになるリスクはほぼありません。

通貨安は輸出競争力を高め、景気にプラスとなります。

また、輸出企業の業績が向上することで株価にもポジティブに作用します。

英国の主要株式指数であるFTSE100推移です。

FTSE100推移

2016年6月23日のEU離脱決定以降、株価は右肩上がりで過去最高値圈で推移しています。

補足として「実質GDP成長率」「インフレ率」「政策金利」の推移も掲載します。

英国実質GDP成長率推移

英国政策金利とインフレ率推移

過去2~3年は実質GDP成長率が1.2%~2.0%、インフレ率が2.0%~3.0%の範囲で推移、政策金利は2回利上げしています。

「Brexitでイギリスは大丈夫か!」と騒がれていますが、これを見る限り日本と比較するとかなり良い環境に見えます。

英ポンドを安くする目的でやっている訳ではないのでしょうが、結果的にBrexitはポンド安により、英国経済にプラスに作用しているようです。

本当に経済がめちゃくちゃになると予想するのであればイギリス人もBrexitを選択しないのかもしれません?