ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイトです。最新の金融情報をお届けします!

待ち構えていた逆イールド / 今後のマーケットを予想

逆イールド発生 / 過去は株価暴落

米国2年債と10年債の逆イールドが発生しました。

米国債イールドカーブ

過去、逆イールドが発生するとリセッション・株価大暴落が発生しています。

ITバブル崩壊前の2000年、リーマンショック前の2007年は米国債で逆イールドが発生していました。

バブル崩壊前の日本でも逆イールドが発生していました。

日経平均が過去最高値をつけた1989年12月29日の日本国債は逆イールドでした。

そのため金融市場では今後のマーケットを悲観する声も多く聞かれます。

ただし、これまでも逆イールドが発生してすぐにマーケットが下落したわけではありません。

ITバブル崩壊、リーマンショック時も最初に逆イールドが発生してから1年~2年後に株価の下落が始まっています。

この事実を理由に当面株価は堅調に推移するとの意見もあります。

こちらの意見も一理あるように感じますが、今回はどうなるかを予想してみたいと思います。

逆イールドの今後の影響を予想

まず、今回の逆イールドが過去2回の逆イールドと明らかに異なる点は「事前に多くの人が逆イールドに注目していた」という点です。

過去2回の逆イールド発生時は、一部で指摘していた人はいましたがマーケット全体ではそれ程騒がれていませんでした。

そして1年~2年後に景気が悪化し、株価が大暴落しました。

しかし、今回は過去2回の経験から多くの人が事前に意識しており、昨年からマーケットでも相当話題となっていました。

「いつ来るか、いつ来るかと待ち構えていました」

そのため今回は過去2回より、早い段階で様々な動きが出てくるはずです。

いきなりNYダウが800ドル下落したのものその1つです。

今後もリスクポジションを減らす動きがでる一方、株価が下がりそうであればFRBによる利下げやトランプ大統領による株価対策も行われるでしょう。

1年~2年放置された過去の逆イールドとは異なり、次々と動きがあるでしょう。

特にトランプ大統領は来年秋の選挙に向け、株安は許されません。

この点が過去2回の逆イールド時と異なります。

大統領1期目は何としてでも株価を維持しようとするはずです。

その結果、あと1年~1年半位は株価の大暴落はないのではないかと思います。

その反動でその後は少しリスクが高まります。

よって、結果的には逆イールドが発生してから1年~2年後に株価が下落するという過去のパターンと同じになります。

(そして大統領1期目に株価の暴落が起こらないというアノマリーも成り立ちます)

そういう意味では歴史は繰り返すのかもしれません。