ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイトです。最新の金融情報をお届けします!

三菱UFJFG(8306)はいくらなんでも売られ過ぎ

三菱UFJFGの株価とバリュエーションです。(2019/7/24時点)

  • 株価:530円
  • PER:7.5倍
  • PBR:0.42倍
  • 配当利回り:4.7% (2020年3月予想25円)

PBRと配当利回りは驚きの数字です。

ただし、業績が大きく悪化しているかというとそうでもありません。

純利益・1株当たり配当・1株当たり純資産の推移です。

三菱UFJFGの業績データ
2020年3月期も当期利益9,000億円の見通しです。

成長はしていませんが、高水準の利益を維持しています。

配当は増加傾向で、今期も25円に増配予定です。

国内の銀行業務は今後成長は見込めませんが、三菱UFJFGはメガバンクのなかでも海外進出が最も進んでいます。

グループの銀行貸出の内訳です。

三菱UFJFGの貸出内訳
107.7兆円の貸出残高の内、海外貸出が42.8兆円と約40%を占めています。

もちろん利ザヤは海外貸出の方が大きくなっています。

これを見て分かるように三菱UFJFGはもはや国内の金融機関ではありません。

日本に上場しているだけで、中身はグローバルバンクと言えます。

今後、国内が縮小する分を海外で穴埋めすることが十分可能です。

そう考えると、現在の株価バリュエーションは衰退していく企業のものであり、悲観を織り込み過ぎだといえます。

個人的には700円~800円が適正と感じます。