ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイトです。最新の金融情報をお届けします!

米国小型株が出遅れ / 大型株ショート+小型株ロングで鉄板

NYダウとS&P500は2018年10月の高値を超え過去最高値を更新中です。

一方、米国の小型株の代表的指標であるラッセル2000は2018年10月の高値から10%以上低い水準となっています。

ちなみに時価総額上位3000銘柄を含むラッセル3000の内、時価総額1位~1000位を含む大型株の指数がラッセル1000、時価総額1001位~3000位を含む小型株の指数がラッセル2000となります。

時価総額1001位の銘柄の時価総額がいくらぐらいかイメージがしにくいと思いますが、2019年6月21日時点の1001位(つまりラッセル2000の最上位)はアレイ・バイオファーマ(ARRY)で時価総額は103億ドル(約1.1兆円)です。

3000位(つまりラッセル2000の最下位)はオンクタール・セラピクス(ONCT)で時価総額は1億ドル(約108億円)です。

しかし、1兆円企業が1000社以上もある米国株式市場は本当に凄いです。

1.1兆円ですと日本株では113位にランクされる規模です。

前振りが長くなりましたが、米国の小型株が出遅れていることをチャートで確認します。

ここではラッセル2000(小型株)とラッセル1000(大型株)の比較チャートを掲載します。

米国小型株(ラッセル2000)と大型株(ラッセル1000)の比較チャート

赤い棒グラフはラッセル2000(小型株)とラッセル1000(大型株)の差を表しています。

多くの期間では2000(小型株)がラッセル1000(大型株)を上回っていますが、2018年12月からは2000(小型株)がラッセル1000(大型株)を下回っています。

少し見にくいですが、足元の乖離は-83と過去15年で最も拡大しています。

よって、米国の小型株は相対的に割安と言えます。

ただし、マーケット全体のクラッシュを心配する人はラッセル2000(小型株)を買い(ロング)、ラッセル1000(大型株)を空売り(ショート)するマーケットニュートラル戦略も悪くないと思います。

米国株(指数含む)の空売りはCFDを使うしかありませんが。