ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイトです。最新の金融情報をお届けします!

合併すれば国内最強?三井住友FGと三井住友トラストHD

メインサイトで紹介したことがありますが、三井住友信託銀行は三井住友フィナンシャルグループではありません。

本当は両社が一緒になれば凄く魅力的な金融グループになると思います。

現在、日本最強の金融グループといえば三菱UFJフィナンシャルグループです。

3メガバンクの比較データです。

f:id:gfplite:20181114060153p:plain

三菱UFJFGと三井住友FGの当期利益の差は約2,500億円あります。

三井住友信託銀行などを傘下に持つ三井住友トラストHDの2018年3月期当期利益は1,539億円です。

もし三井住友FGと三井住友トラストHDが合併すると三菱UFJFGとの差は約1,000億円まで縮小します。

そして、三菱UFJFGの利益の内、約24%出資し持ち分法適用会社となっている米モルガンスタンレーによるものが1,718億円計上されています。

これはリーマンショック後の混乱期に三菱UFJFGがモルガンスタンレーを救済する形で出資したものです。

これは連結に計上されていますが、実質的には純投資に近い形ですので、おまけのようなものです。

もちろん会計ルールに則って計上しているので、三菱UFJFGに非はありません。

ただ、モルガンスタンレーの持ち分利益を除いた実質的な金融グループとしての力は「三井住友FG+三井住友トラストHD」が上回る形となります。

現在の三菱UFJFGと三井住友FGの連結当期利益を業務ごとに比較するとこのような形となります。

  • 海外を含む普通銀行業務は共に約6,000億円
  • 証券は三菱が431億円、三井住友が620億円
  • 信販・カードは共に400億円
  • 信託銀行は三菱信託が1,867億円、SMBC信託が-60億円

三井住友FGにとっては信託業務の強化が喫緊の課題です。

信託業務は遺言信託など相続関連業務で今後、有望な分野と言われています。

また、三井住友トラストHDは三井住友信託銀行だけでなく三井住友トラストアセットと日興アセットという2つの運用会社も保有しています。

余計なお世話だと思いますが、合併すると日本を代表する面白い金融グループができるような気がします。

そうなると、みずほFGは取り残され3メガから2メガになる可能性もあります。