ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイトです。最新の金融情報をお届けします!

少子化で大学入試が簡単に / 生まれた年の違いで同じ学力でも日東駒専または早慶

 日本人の年齢別の人口で最も多いのが現在70歳前後の団塊世代と45歳前後の団塊ジュニア世代です。

団塊ジュニア世代で最も人口が多いのが1973年生まれで、彼らが大学受験をした1992年の18歳人口は205万人でした。

現在の18歳人口はここ数年約120万人前後です。

凄い減少です。

一方、上位の有名校に限定しても大学の定員数はほとんど変化がないか若干増加しているようです。

同じ定員数で205万人と120万人ではさすがにレベルの差が発生しそうです。

もう少し具体的に分析します。

下記が2017年度の全ての国立大学と有名私立大学の定員数です。(私立大学は下記以外にも医科大やICUなど有名でレベルの高いところは何校かありますが、人数的にそれほど多くないと思われるので下記に限定しています)

f:id:gfplite:20180721143441p:plain

有名私立大と国立大学の定員を合計すると約15万人です。

1992年の受験生は205万人中、上記の大学に入学できるのは15万人ですので上位7%に入る必要があります。

現在の受験生は上位12.5%です。

高校は各学校のレベルの差が大きいので、分かりやすくレベル差のない公立の中学校をイメージするとこのような感じになります。

1学年200人とすると1992年の受験生は中学生の時、学年で14位、現在の受験生は中学生の時、25位にいることが必要です。

200人で14位と25位は近いようでかなりレベルが違います

1992年の大学受験生は中学生の時、200人中20位のレベルでそのまま成長すると、大学は上記のレベルには届かず「日東駒専」レベルです。

それが現在の大学受験生は中学生の時、200人中20位のレベルでそのまま成長すると、最低でもMARCH、上手くいくと早慶の可能性もあります

これはいくらなんでも大きな違いです。

1973年生まれ(1992年の受験)で日東駒専に入学した人は、生まれるのが25年遅ければ最低MARCH、うまくいけば早慶に入学できたことになります。

逆に言うと今、早慶に行っている人は25年前であれば「日東駒専」の可能性もあったことになります。

もちろん、本当に上位の人材は母集団が多くても少なくてもそれ程レベル差が出ないという話もあります。

また、同じ大学に入る場合でも、現役か浪人か推薦かで能力に違いもあると思いますので一概には言えませんが、感覚的に最近の大学入試はハードルが低くなっているように感じます

それが日本企業の競争力の低下につながらないことを祈るばかりです

これを見ると人口減少は様々な面でマイナス効果があることが分かりますので、国全体でもっと真剣に考えるべきではないでしょうか

最後に、18歳人口・大学進学者数・大学進学率の推移です。

f:id:gfplite:20180721143505p:plain

これだけ18歳人口が減っているにもかかわらず、大学進学者数が増加しています。

その結果、大学進学率は1990年前後の約25%から2017年には52.6%まで上昇しています。(4大のみのデータです)

ちなみに18歳人口はここ数年は120万人前後で横ばいでしたが、2018年から再び減少が始まります。

すでに2017年で40%以上の私立大学が定員割れしていることから、こちらも何らかの対応が必要です。