ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイトです。最新の金融情報をお届けします!

J-REITがファンドの買収対象になることはプラス

2017/2/24の日経新聞に掲載されていましたが、割安なJ-REITに対してファンドが買収を狙っているとのことです。

記事では2017年の8月頃に「著名なファンドがサムティ・レジデンシャル投資法人(3459)に買収を突きつけた」とありますが、サムティはその後、大和証券と提携し大和証券がサムティ・レジデンシャル投資法人(3459)の35%を保有する形となりました。

当時のサムティ・レジデンシャル投資法人(3459)はNAV倍率が0.8倍前後と割安であったことから、買収した上で不動産を売却した方が利益が出るとの考えです。

現在、サムティ・レジデンシャル投資法人(3459)は投資口価格が上昇したことでNAV倍率は1.0倍前後となっています。

このような動きが出ることでNAV倍率が1倍を大きく下回る状態で放置されることが減少すると思われ、J-REIT市場にとってはプラスとなります。

現在NAV倍率が最も低いのはグローバル・ワン不動産投資法人(8958)の0.84倍です。

グローバル・ワン不動産投資法人(8958)はオフィスビル特化型であるため、オフィスビルの価格が今後、下落すると評価されているのかもしれません。

時価総額935億円NAV倍率0.84倍ですので鑑定価格をベースにした自己資本は1,113億円となります。

つまり、935億円で買収して全ての物件を鑑定価格で売却すれば1,113億円が残ることになりますので178億円の利益です。

約20%ほど儲かることになります。

グローバル・ワン不動産投資法人(8958)は大型の優良物件ばかりですので、現在であれば鑑定価格以上で売れると思いますが、マーケットはそう見ていないのでしょうか。

ただし安定株主が50%いるのでファンドが買収することは難しそうです。

でも割安なのでもう少し買われても良いと思いますが、オフィスビル市況は今後弱いと思われているのかもしれません