ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイトです。最新の金融情報をお届けします!

投信・ETF(債券型)

国内ETFは日本株・J-REIT・ブルベア以外はほとんど存在感なし

現在、国内に上場(東証に上場)しているETFは195本あります。 ただし、日本株とJ-REIT関連が半数以上を占めており、日本株とJ-REITを除くと81本しかありません。 その中で純資産残高が100億円を超えるETFは僅か19本となります。 下記に19本の一覧を掲載しま…

円ヘッジ外債はラッキーパンチが当たった状態

ここまでの米国の金利低下を予想できた人はどれくらいいるのでしょう? 少なくとも1年ほど前に米国の金利が低下するという話はほとんど聞いたことがありませんでした。 こちらは過去5年間のFFレートと10年米国債利回りの推移です。 FRBは2018年12月まで利上…

東京海上・円資産バランスファンド(愛称:円奏会)を分析 / 債券部分はネットでマイナス利回り

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)【愛称:円奏会】の商品性 東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)【愛称:円奏会】の問題点 東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)【愛称:円奏会】が人気を集めています。 2019/6/18時…

絶好調のデンマーク・カバードボンドはデュレーションが変化する特殊な債券

デンマーク・カバードボンドは高パフォーマンス デンマーク・カバードボンド仕組みと条件 / デニッシュインカムのデータで説明 デンマーク・カバードボンドは高パフォーマンス デンマーク・カバードボンドの投信が絶好調です。 ニッセイ・デンマーク・カバー…

1兆円超えファンドはグローバル・ロボティクス株式ファンドだけでなくPIMCOインカム戦略も

先日の日経新聞で日興アセットの「グローバル・ロボティクス株式ファンド」が4コース合計で1兆円を突破したとの記事がありました。 日本株関連では2000年に設定された伝説の投信である「ノムラ日本株戦略ファンド」以来の1兆円越えです。(ちなみに伝説は悪い…

野村証券が野村PIMCO・世界インカム戦略ファンドに続く債券お任せファンド「野村ウェスタン・世界債券戦略ファンド」を設定

現在、日本のみならず世界中で大人気となり資金流入が活発化しているPIMCOインカム戦略ファンド。 米国債・投資適格債・新興国国債・ハイイールド債・モーゲージ証券などに幅広く分散投資する「債券のみに投資するアロケーション型のファンド」です。運用資産…

円ヘッジ付き外債投信はもうお役御免 / ヘッジコスト+信託報酬は3%超

リーマンショック以降、流動性があり為替リスクがない商品として円ヘッジ付きの外債投信が人気でした。 しかし現状では金利・クレジット環境が変化し、円ヘッジ付きの外債投信は機能しない状況となっています。 円ヘッジ付きの外債投信とは具体的には下記の…

CATボンドに投資する公募投信「リビング・アース戦略ファンド」はハリケーン・イルマで大きく下落

CATボンドの仕組み等はメインサイトに詳しく掲載しましたのでそちらで確認してください。 CATボンドが過去最大の下落 / CATボンドの商品性も分かり易く説明 - ファイナンシャルスター 国内公募投信でおそらく唯一だと思いますが、CATボンドに投資する投信が…

債券王ビルグロースの運用成績が低迷しているということはPIMCO(ピムコ)のリサーチが良いということか

債券王ビルグロースがピムコからジャナスに移籍して3年が経過しました。 ピムコで運用を担当していた「トータルリターンファンド」は最大で2,930億ドル(2013年4月)もの運用資産となり、1997年6月からビルグロースが退社後の2015年4月まで世界最大のミューチ…

破綻したトイザらスのハイイールド債とバンクローンの価格が大きく異なる

数日前の記事で破綻の可能性があると紹介しましたが、今回、トイザらスが正式に破たん申請(チャプター11)を行いました。 前回の記事はこちら www.finance-lite.com トイザらスは日本国内でも投信経由で販売されているハイイールド債やバンクローンの代表銘柄…

ハイイールド債とバンクローンの代表銘柄トイザらスが破たん報道

2017/9/6、CNBCなど複数メディアでトイザらスがチャプター11申請の可能性があると報じています。 トイザらスは2005年ベインキャピタルやKKRが関連する投資グループに買収され、株式は非公開となっています。 再上場を目指していましたが、近年競争激化によ…

低ボラティリティマーケットでCTAの運用成績が低迷

ヘッジファンドの運用戦略の1つであるCTA(コモディティ・トレーディング・アドバイザー、Commodity Trading Advisor)のパフォーマンスが低迷しています。 CTAの世界で著名なファンドである「マンAHLダイバーシファイド」と「ウィントン・フューチヤーズ・ファンド」…

究極の国際分散投資を行う / 野村PIMCO・世界インカム戦略ファンド(為替ヘッジあり)とiシェアーズMSCI ACWI ETF

証券各社はラップ(ファンドラップ)の販売に積極的です。 ラップ(ファンドラップ)をはじめラップ型投信やバランスファンドを使って国際分散投資を行うことは投資の基本中の基本です。 しかし過去にも書いたことがありますが、基軸通貨の米ドルベースで運用でき…

ハイイールド債は割高なのか(スプレッドとベース金利の水準から検証)

2017/8/5の日経新聞にハイイールド債についての面白い記事が掲載されていました。 記事のポイントは引用記事の下段に掲載しています。 2017/8/5日経新聞記事 米低格付け債の投資逆向き 米は流出、日本は買い 信用力の低い米国企業が発行した低格付け債(ハイ…

円ヘッジ付き債券型投信で様子見マーケットを切り抜ける

今のマーケットは多くの資産クラスが上昇し、ボラティリティが低下している中、潜在的なリスク要因も多いため、新規で投資をするにはかなり難しい環境と言えます。 米国株は右肩上がりの上昇を続けており、S&P500のPERは18倍前後とそれ程割高ではありません…

日本国債と円ヘッジ付き高格付け債券の投信をなぜ保有するのか

「日本国債に投資する投信」と「世界の高格付け債券に投資し為替は円ヘッジする投信」 「日本国債に投資する投信」や「世界の高格付け債券に投資し為替は円ヘッジする投信」は多くの商品が存在します。 しかし、いろいろと考えてみたのですが今のマーケット…

ハイイールド債券投信の保有者に新興国債券とCoCo債を提案

日本で人気のハイイールド債券ファンド。 どの販売会社でも必ず取り扱いがあり、ほとんどの営業担当者は提案した経験があると思われます。 フィデリティ・USハイ・イールド・ファンドのように運用資産残高が1兆円に迫るファンドも存在します。 1,000億円以上の残…

米国小売店舗の閉鎖拡大が金融市場に与える影響 / クレジット関連は注意が必要か

20017年6月14日の日経新聞によるとネット通販に押され商業モールが苦境に陥っているようです。 当サイトでも先週、米国リートの中で商業・小売セクターが過去1年ほどで30%下落したことを紹介しましたが状況は本当に厳しいようです。 上記にあるように米国の…

米国ハイイールド債の投信とETFパフォーマンス比較

昨日の米国リート投信と米国リートETFに続き、本日は米国ハイイールド債に投資する投資信託とETFを比較してみます。 ハイイールド債券に投資する投信も人気で、下記に取り上げているフィデリティ・USハイ・イールド・ファンドは1兆円前後の残高を誇ります。 …

ロシアルーブル投資の良さが分かる投信 / DWSロシア・ルーブル債券投信

前回の【ブラジルレアル投資の良さが分かる投信/UBSブラジル・レアル債券投信】に続く、高金利通貨を長期投資することのメリットが分かる投信です。 「DWSロシアリレーブル債券投信」の設定日はリーマンショックの約3ヶ月前である2008/5/29です。 この時…

ブラジルレアル投資の良さが分かる投信 / UBSブラジル・レアル債券投信

「UBSブラジル・レアル債券投信」という商品はブラジルレアル債投資の良さを表している商品です。 「UBSブラジル・レアル債券投信」が設定されたのはリーマンショックの僅か2か月前である2008/7/17です。 このときのブラジルレアル・円の為替レートは1レアル…

豪世界最長の経済成長へ/豪ドルのリスクは米国との金利逆転

26年に及ぶ連続経済成長 米ドルと豪ドル金利が逆転するとリスク要因 26年に及ぶ連続経済成長 4半期ベースの実質GDP成長率が前期比で2回連続マイナスとなると景気後退となります。 オーストラリアは1991年以降、景気後退に陥っておらず、2017年6月発表の2017…

オーストラリアのインバウンド消費は大きい

オーストラリアはもともと観光地として有名ですが、海外からの旅行者数(インバウンド)は日本と同様に2013年頃から増加が加速しています。 国際収支の統計において日本は旅行収支が長期間赤字でしたが、外国人旅行者の増加により2015年から黒字に転じています…

ブラジルレアル環境改善

ブラジルレアルを取り巻く環境が大幅に改善しています。1年程前の2016年前半はオリンピックを控えてあるにもかかわらず悪材料ばかりでした。 インフレ率が10%超まで上昇 景気悪化(GDPマイナス成長) 財政悪化による格下げ 政情不安 ブラジルの場合はデフレの…

地銀が円ヘッジ付外債で大損

円ヘッジ付き外債でもどのような債券に投信しているかでパフォーマンスは大きく異なります。 地銀が一般的に投資しているのは、格付の高いA格の投資適格債に為替ヘッジを組み合わせた取引です。 トランプ就任前の2016年の夏頃の米国の金利水準は10年国債で1.…

円債ファンドをなぜ買うか

円債ファンドとはその名の通り、円建ての国債や社債に投資する投信です。 代表的な円債ファンドとして、「ダイワ日本国債ファンド」や「東京海上・円建投資適格債ファンド(円債くん)」があります。 ダイワ日本国債ファンドは純資産が約3,500億円あり、円債く…