ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイトです。最新の金融情報をお届けします!

オフィスビル空室率1.82%まで低下 / 東京五輪前後で0%台となるか

2019年1月の東京都心5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷区)オフィス空室率は1.82%まで低下しました。 リーマンショック前の最低値は2007年11月の2.49%ですので、オフィス需要が堅調であることはよく分かります。 しかし、ここまで需要が強いにもかかわらず…

米国の金融引締めは終わりが近い?金(gold)の出番か!

FRBは「利上げ」と「バランスシート縮小」を同時に行う、金融引締めを行ってきましたが、足元の景況感悪化で引締めスタンスを緩めていく方向となりそうです。 当面は利上げを慎重に見極めていき、バランスシート縮小は予定通り継続していく方針です。 それに…

ブラジルレアルにエントリーする条件が整った / 米ドル金利上昇懸念も解消

悪材料だらけから回復、米ドル金利の大幅上昇もなくなった 新大統領は経済・財政再建にフォーカス インフレ率は安定 米国の金利上昇はゆるやかに 今、ブラジルレアルに投資して負ける可能性は低い 悪材料だらけから回復、米ドル金利の大幅上昇もなくなった ブラ…

日本のインフレ率急低下で実質金利上昇が上昇/それでもまだ極端な円高にはならない

日本の12月のCPI(消費者物価指数全国総合)は前年同月比+0.3%と11月の+0.8%から大幅に低下しました。 10月は+1.4%まで上昇していましたので急激な低下となります。 原油価格の下落による影響があるのでしょうが、それにしても急激な低下です。 下手するとCP…

東証マザーズ指数は弱気トレンド?or 一時的な調整?テクニカルは弱気!

東証マザーズ指数の長期チャートです。 2011年8月~2019年1月の月次チャートです。 2019年1月は1/24までのデータです。 2018年1月の高値1,368ポイントから、最も安いところでは2018年12月の749ポイントまで-45.2%の下落率となりました。 2019/1/24時点では95…

1年間で総人口27万人減少/移民18万人増でも自然減44.8万人

これまでも人口減少については何度も掲載してきましたが、新しいデータが公表されましたので、警笛の意味も含めて書かせていただきます。 2018年の人口動態統計のデータです。 2018年に生まれた子どもの人数は92.1万人 2018年の死亡者数は136.9万人 人口の「…

ゆうちよ銀行の限度額を2,600万円に増やしてどうするつもり?他の銀行はラッキーと思っている

ゆうちょ銀行の預入限度額が1,300万円から2,600万円に増加されるようです。 もっと預けたいと思っていた人にとっては利便性が向上するので良いでしょうが、ゆうちょ銀行にとって本当に良いことなのでしょうか? ゆうちょ銀行は「銀行」という名称がついていま…

日産の配当利回りはJ-REITより高い6.3%もあるが問題ないのか

日産自動車(7201)は日産REITと呼びたくなるような配当利回りの高さです。 2019年3月期予想ベースで6.3%の配当利回りです。 ちなみにJ-REITの利回り水準は東証REIT指数ベースで約4.0%です。 J-REIT61銘柄の中で6.3%を上回っているのは6銘柄のみです。 また、TO…

ヘッジファンド復活ならず / 2018年は-6.72%

ヘッジファンド全体のパフォーマンスを示す「Hedge Fund Research HFRXグローバル・ヘッジファンド・インテックス」の2018年のパフォーマンスは-6.72% (米ドルベース)となりました。 過去の年間収益率の推移はこちらをご覧ください:ヘッジファンドが昔ほ…

S&P500指数は高値から20%超下落 / 過去7回しかない30%超までいくのか

S&P500指数は2018/12/24に2351ポイントまで下落し、2018年9月の過去最高値から20.1%の下落となっています。 よく「20%超下落すると弱気相場入り」と言われますがどうなるでしょうか。 S&P500が高値から30%以上下落する「暴落」というのは実は過去7回しか発…