ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイトです。最新の金融情報をお届けします!

コンビニフランチャイズは複数店舗運営型に転換すべき

コンビニに行くたび、フランチャイズで経営しているオーナーがかわいそうに感じます。 人手不足を穴埋めするため、長時間かつ不規則な労働を強いられています。 さらに、頑張って働いてお店が繁盛しても、直ぐ近くに同じブランドのコンビニができてしまいま…

かんぽ生命の売出しはまた投資家をつぶすのか / つなぎ売りも規制で難しく

かんぽ生命は親会社の日本郵政が保有する株式約4,000億円の売出しを発表しています。 同時に1,000億円を上限とする自社株買いも発表し、すでに実施されています。 値決めは4/15 (月)~4/17 (水)で2日後までの払込みとなります。 自社株買いを公表・実施した…

外国人投資家はおなかいっぱい?日本株売りは続く可能性

2018年は外国人投資家が日本株を大きく売り越しました。 東証が公表している日本株投資部門別売買状況の東証1部のデータでは「外国人」が5.39兆円の売り越しとなっています。 2018年の主な部門別売買状況は下記の通りです。 【買い越し】 投信:1.29兆円 事…

自動車メーカー販売台数トップ10の時価総額は意外と小さい / 合計してもIT大手1社以下

世界の自動車メーカ別販売台数ランキング(2018年) 世界の自動車メーカ別時価総額ランキング(2018年) 自動車メーカーの販売台数のデータが出そろったので、株式時価総額と併せて掲載します。 販売台数(売上規模)や会社のイメージと比較して株式時価総額…

40歳~55歳のサラリーマン必読/大前研一「50代からの稼ぐ力」

マッキンゼー出身、大前研一氏の新書です。 経営コンサルタントとしては天才的な人です。 マッキンゼー入社は1972年で、最終的には日本支社長、アジア太平洋地区会長まで出世しました。 入社後約2年間のメモを書籍化し、1975年と1977年に発売された「企業参…

ソフトバンク(9434)は公募価格を一度も越えず好需給期間は終了

2018年12月19日に超大型IPOとして話題となったソフトバンク(9434)。 公募価格の1,500円を一度も上回ることなく低迷しています。 ちなみに売出しをした親会社の「ソフトバンクG(9984)」は2018年12月19日の8,184円から2019年3月26日の10,615円まで約30%の…

日経平均14,300円割れで日銀が債務超過 / 株価・金利・為替への影響を考える

日銀債務超過は円安・高インフレ率・国債下落(金利上昇)・株安のスパイラルを招く可能性 円安と株安は同時に起こりうるのか? 銀行は与信費用が増加し金融不安へ 外貨はリスクヘッジとなる 日銀債務超過は円安・高インフレ率・国債下落(金利上昇)・株安…

利上げ・バランスシート縮小ストップで米ドル金利は異常な環境 / 政策金利・国債利回り・銀行間金利を検証

FRBの金融政策余地は限定的 米ドル金利は特殊な環境/イールドカーブは逆イールドに近い FRBの金融政策余地は限定的 2019/3/21、FRBが金融政策の方針転換を公表しました。 2019年の利上げを行わない バランスシートの縮小を9月で停止する FRBがハト派に転じた…

ドイツ銀行とコメルツ銀行が合併しても時価総額は僅か3兆円

ドイツ国内1位・2位のドイツ銀行とコメルツ銀行の合併が現実味を帯びてきています。 ドイツ銀行の2018年の業績は4年ぶりの黒字回復となりましたが、当期利益は3億4100万ユーロ(約430億円)と非常に低水準となりました。 従来、ドイツ銀行は合併に否定的でし…

絶好調のデンマーク・カバードボンドはデュレーションが変化する特殊な債券

デンマーク・カバードボンドは高パフォーマンス デンマーク・カバードボンド仕組みと条件 / デニッシュインカムのデータで説明 デンマーク・カバードボンドは高パフォーマンス デンマーク・カバードボンドの投信が絶好調です。 ニッセイ・デンマーク・カバー…