ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の分配金を勘違いしていませんか?

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人」は東証のインフラファンド市場に上場しているインフラファンドの1つです。

現在、上場しているインフラファンドは下記の4銘柄で全て投資対象は太陽光発電施設です。

  • タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)
  • いちごグリーンインフラ投資法人(9282)
  • 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)
  • カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)

インフラファンドについての詳しい内容はこちら:インフラファンド(インフラ投資法人)について - ファイナンシャルスター

今後の外部成長の可能性等を考えると個人的にはカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)が最も有望と考えており、以前も下記の記事を掲載させていただきました

しかし、2017/10/30の上場以来、IPO価格の100,000円前後の推移が続き、2018/5/8の上方修正で少し上昇しましたが、まだ割安な水準です。

4銘柄で最も時価総額が大きく、将来の外部成長ポテンシャルが高いにもかかわらず、最も評価が低くなっていることが不思議です

マーケットはカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の状況をよく理解していないのではないでしょうか。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)は今季(2018年6月期)が上場後最初の決算であるため通常よりも長い9ヶ月間の変則決算にもかかわらず分配金が低くなっています。

上方修正後でも一口当たりの分配金が2,200円です。

年率換算すると2,933円ですので、単純に分配金利回りを計算すると2.9%前後となります。

しかし、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)に関しては今期上場しています。

よって、今期は上場費用など特殊要因が多く、それらがなくなる2018年12月と2019年6月の予想分配金は3,600円です。

年間では7,200円となり、分配金利回りは7%前後と4銘柄の中で最も高くなります。

下記にインフラファンド4銘柄の巡航ベースの予想分配金利回りを掲載します。

f:id:gfplite:20180510215631p:plain

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)は2018/5/10時点で投資口価格が105,100円です。

普通に考えると5.0%~6.0%が妥当な水準ですので逆算すると120,000円~144,000円がフェアバリューとなります。

いくらなんでも安いと思います。