ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

空売り比率の意味を勘違いしてる人が多いので警告【多くの人に知ってもらいたい】

空売り比率が過去最高の50%超えで買戻しのマグマが溜まっている」

空売り比率が高水準、踏み上げに気を付けて」

空売り比率高いけど、売ってる人大丈夫?」

のようなコメントをSNSで多く見かけます。

特にTwitterで多いようです。

おそらく空売り残と混同しているのではないでしょうか?

少なくとも東証が公表している「空売り比率」は空売り残を意味しません。

「空売り比率」の意味を間違えていませんか? - ファイナンシャルスター

上記のメインサイトの記事がかなり拡散されたので理解して頂いている方も増えたと思いますが、未だに勘違いしているコメントを多く見かけます。

それどころか「新聞社のニュース」や「証券会社のサイト」でも勘違いしていると思われるものがいくつも存在します。

残念なことですが日本の金融界ではよくある事とも言えます。

当サイト「ファイナンシャルスターlite」と当サイトのメインサイト「ファイナンシャルスター」は日本の金融界のレベルアップを目的としており、このようないい加減な情報によって投資家が不利益を被ることが少しでも無くなれば良いと考えています。

例えば「空売り比率」以外にもよくある勘違いは

  • 物価連動国債の商品性
  • PFFの利回り

などです。

このように多くの人が勘違いしたままになっている事が本当に多くあります。

空売り比率の勘違いを減らすため、SNSなどで下記の記事を多くの方に紹介して頂ければ幸いです。

「空売り比率」の意味を間違えていませんか? - ファイナンシャルスター

空売り比率が上昇している要因である2013年に行われた2つの制度変更についても分かりやすく解説しています。