ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

債券王ビルグロースの運用成績が低迷しているということはPIMCO(ピムコ)のリサーチが良いということか

債券王ビルグロースがピムコからジャナスに移籍して3年が経過しました。

ピムコで運用を担当していた「トータルリターンファンド」は最大で2,930億ドル(2013年4月)もの運用資産となり、1997年6月からビルグロースが退社後の2015年4月まで世界最大のミューチュアルファンドとなっていました。

これだけの資金が集まっていた理由は長年に渡り、高いパフォーマンスを継続していたことと、カリスマファンドマネージャーとなったビルグロースに対する信頼が高かったためです。

ビルグロースがピムコを退社した後、毎月巨額の資金流出が続き、2017年8月31日時点で747億ドルまで運用資産残高が減少しています。

現在、ピムコのフラッグシップファンド(No1ファンド)はトータルリターンファンドから運用資産残高1,672億ドルの「インカム戦略ファンド」に替わっています。

インカム戦略ファンドは日本国内でも「野村PIMCO一世界インカム戦略ファンド」や「三井住友ピムコ・ストラテジック・インカムファンド」といった商品名で販売されており、日本国内だけでも6000億円以上の販売実績になっています。

現在、ビルグロ-スがジャナスで担当しているファンドは「ジャナス・ヘンダーソン・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンド」ですが、このパフォーマンスがあまり良くないようです。

bloombergのデータでは2014年10月~2017年8月のパフォーマンスは年率換算で+2.3%となっており、同種ファンドの中間程度であるとのことです。

ちなみにビルグロースから運用を引き継いだ「トータルリターンファンド」の2014年10月~2017年8月のパフォーマンスは年率3.4%で「ジャナス・ヘンダーソン・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンド」を上回っています。

また、現在ピムコのフラッグシップファンドである「インカム戦略ファンド」は更に上で同期間のパフォーマンスは年率6.1%となっています。

よってビルグロ-スの運用力も良かったのかもしれませんが、ピムコのリサーチカが凄いと言えそうです。

ピムコは従来からリサーチに力を入れている会社で、世界中にクレジットアナリスト等の調査チームがいます。

また、アドバイザリーボードメンバーとして主要国の中央銀行総裁などを継続的に受け入れています

2017年9月現在のアドバイザリーボード主要メンバーは下記の通り、超豪華メンバーです。

  • ベン・バーナンキ(前FRB議長)
  • ジャンクロード・トリシエ(前ECB総裁)
  • ゴードン・ブラウン(前英国首相)

ちなみにバーナンキが就任する前はグリーンスパン(バーナンキの前のFRB議長)がメンバーとなっていました。

イエレンもFRB議長を辞めた後はピムコのアドバイザーとなるのでしょうか?

ここまでやってくれると安心してお金を預けられそうです。

ピムコのフラッグシップファンド「インカム戦略ファンド」のメリット・デメリット、セールスポイントなどはこちらをどうぞ。

finance-gfp.com