ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

破綻したトイザらスのハイイールド債とバンクローンの価格が大きく異なる

数日前の記事で破綻の可能性があると紹介しましたが、今回、トイザらスが正式に破たん申請(チャプター11)を行いました。

前回の記事はこちら

www.finance-lite.com

トイザらスは日本国内でも投信経由で販売されているハイイールド債やバンクローンの代表銘柄です。

2017/9/6にトイザらスが破たんするのではないかというニュースが米国で報道され、2017/9/18に正式に破たん申請を行いました。

この間のハイイールド債とバンクローンの価格の推移を下記に掲載します。

ハイイールド債(上位無担保債):2018/10/15償還、クーポン7.375%

バンクローン:2020/4/24償還、利率Libor+8.75%

f:id:gfplite:20170920062215p:plain

ハイイールド債は9/6の憶測記事が出た時点で53.5まで売られ、その後70台まで回復していたので高い回収率が見込まれているのかと思っていましたが、正式に破たん申請した後は18.0まで下落しています。

回収率が当初予想されたものより低くなる見通しとなったのでしょうか。

一方、バンクローンはほとんど下落していません

元々70台で推移していたこともありますが、破たん申請後も下落していません。

バンクローンの場合、担保付になりますのでハイイールド債と比較すると高い回収率が見込めます。

下記のリンクに詳しい説明がありますが、過去に破たんしたGMやシモンズ等はハイイールド債の回収率が10%前後なのに対し、バンクローンはほぼ100%の回収率となっています。

バンクローン全体でも70%前後の平均回収率となっており、50%未満のハイイールド債の回収率を大きく上回ります。

ハイイールド債とパンクローンのデフォルト時の回収率はこちら

finance-gfp.com

バンクローンの最終的な回収率はまだ分かりませんが、過去の例から70%程度は戻ってくるという経験則でマーケット価格も安定しているのでしょう。

今回のトイザらスの破たんもハイイールド債とバンクローンの差が大きく出た事例と言えそうです。