ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

スイスの上場企業は1/3が世界シェア1位企業

スイスには今後、日本が経済的に復活するためのヒントがあると思います。

2017年9月現在、スイス証券取引所に上場しているスイス企業は236銘柄ありますが、そのうちなんと約80社が特定の分野で世界シェア1位の企業です。

下記に銘柄例を掲載します。

  • アデコ:職業一人材紹介
  • ネスレ:食品・飲料水
  • ノバルティス:眼科薬品
  • ロッシュ:癌腫瘍治療薬品
  • UBS:プライベートバンキング業務
  • ソノバ・ホールディング:補聴器
  • ストローマン:歯科インプラント
  • ABB:送電システム

スイスという国の特徴として

  1. 国土が狭い(日本の1/9程度)
  2. 人口が少ない(約830万人)
  3. 資源が乏しい

点があげられます。

そのためスイスの企業は内需に頼ることができないため、早い段階から世界に積極的に進出しました。

さらに多くの企業の特徴として次の3点に力をいれています。

  1. 技術革新による付加価値の高い商品の開発
  2. プランドカの向上
  3. 選択と集中によりマーケットシェアを高めることで価格決定力を維持

その結果として国の規模と比較すると、きわめて多くの優良グローバル企業が誕生しています。

日本にも優良なグローバル企業が存在しますが、全体から見れば少数派です。

日本企業の場合、付加価値の高い商品を提供できる企業が少なく、直ぐに価格競争に巻き込まれてしまいます。

飲食等のサービス業でも「規模の拡大によるコスト低減で低価格を実現する」パターンが多いように感じます。

この辺りが変化すると日本も生産性の向上、デフレ脱却が現実のものとなるのではないでしょうか。

スイスは国全体としても生産性が高く、一人当たりGDPは約78,000ドルと日本の約2倍で世界第2位となっています。

さらに名目GDP対比の政府債務は45%と日本の239%と比べてもきわめて健全です。

失業率は3%前後で安定しており、経常収支も恒常的に黒字です。