ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

国民はふるさと納税がおかしい制度だと本当に気づいていないのか

何度考えてもおかしな制度です。

本来の税金に上乗せして税金を多く収めるのであれば分かるのですが、「ふるさと納税」の場合、本来の税金に上乗せされるのは2,000円のみです

2,000円多く税金を払う代わりに何万円もの返礼品がもらえます。

仮に5万円のふるさと納税を行うと所得税・住民税から4.8万円が控除されます。

総務省が返礼率を30%以下にするよう各自治体に要請を出しましたが、それでもこのケースでは1.5万円の品物がもらえることになります。

納税者から見た場合は、ふるさと納税をいくら納めても追加負担は2,000円のみですので限度額まで行うインセンティブがあります。

ただし一人あたりのふるさと納税額が高くなれば場るほど赤字の割合が大きくなります。

こんなおかしな制度はないと思います。

さらにふるさと納税で集めた税金の使い道もおかしな自治体が多く存在します。

納税額は少し増えますが、それ以上にコストがかかる制度はどう考えてもおかしいです。

税収を2,000円増やすのに15,000円の費用をかける。

日本はこんなことをやっているからいつまでたっても良い方向に進んで行かないのではないでしょうか。

それにしても国会議員や官僚や経済界のトップの誰かが「やめた方が良い」と言わないものなのでしょうか

当たり前のように制度化され運営されていることが不思議で仕方ありません。

少なくとも赤字にならない範囲でやらないと意味がありません。

「それではだれもふるさと納税をやらない」と言うのであればやめた方が良いと思いますし、やるのであればもう少し工夫すべきです。

例えば、2,000円の追加負担であれば定価3,000円で原価が1,000円程度のものを自治体が地元業者にお願いして1,500円位で仕入れて返礼品とすればすべての関係者が得をするのではないでしょうか。

納税者は1,000円安く買えます。

自治体はコスト控除後で500円の税収となります。

地元業者は全国の人に自社の製品を知ってもらうことができます。

これはもっとも単純な解決策だと思いますがこれ以外にもアイデアを出して考えるべきだと思います。