ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

amazonが160億ドルの社債を発行/日本と違い米国の社債市場は幅広い

アマゾンが高級スーパー・ホールフーズの買収資金137億ドルに充てるため2年債から最長40年債まで7本の社債、合計160億ドルを発行しました。

格付けはムーディーズでBaa1 (BBB+)です。

利率(クーポン)は2年債で1.9%、10年債で3.15%、40年債で4.25%となっています。

10年債で米国債に対するスプレッドは0.9%程度、40年債でも1.45%のスプレッドとなっており、仮条件よりかなり低いスプレッドになったようです。

つまりかなり人気があったようです。

アマゾンは手元資金が210億ドルあり、必ずしも社債発行の必要性はありませんでしたが中長期的にみた場合、現在の米ドルの金利水準が低いレベルでありチャンスであるとの考えで発行したようです。

ジェフ・ベソスは米国の金利は上昇するとの見通しを持っているのでしょうか。

まあ普通に考えれば多くの人は長期的に金利が上がると思っているでしょが。。。

アマゾンは歴史が浅い会社で自己資本も薄く、利益水準も高いとは言えません。

しかし存在感はある意味インフラ企業と言え、世界中の人々にとってなくてはならない企業となりました。

株式時価総額も5,000億ドルと時価総額で日本一であるトヨタの2倍以上です。

そして今回の社債の格付けもムーディーズでBaa! (BBB+)ということですのである程度高い信用力と言えます。

アマゾンで米ドル・10年・3.15%であれば、日本で募集しても相当な需要があるのではないでしょうか。

またテスラモータースも先日、社債を発行しており、こちらは米ドル建て・8年・5.3%の条件でした。

格付けはムーディーズ、S&P共にB-と非投資適格のジャンク債による発行となりました。

それでも人気が高く当初15億ドルの発行を予定していましたが、最終的に18億ドルに増額しました。

このように様々なステージの企業が社債で資金調達できるところに米国資本市場の凄さを感じます。

日本では非投資適格での発行は基本的に行われません

ただし、厳密にいうとJCRとR&IのBBBはムーディーズとS&Pの基準では多くがジャンク級(BB以下)となります。

よって日本人は本質的にはジャンク債のリスクをとっていることになりますが、そのリスクに応じたスプレッドは取れていないと思われます。