ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

GPIFが1兆円投資するESG投資を分析する

GPIFが日本株運用でESG投資を開始しました。

当初は日本株運用資産の3%である1兆円をめどに投資し、将来的にウェートを増やしていくと発表しています。

ESG投資はパフォーマンスに寄与するのでしょうか?

国民の大切な年金資産を運用するのですからパフォーマンスが良くないと困ります。

少なくともTOPIXを上回るα(アルファ)を計上してほしいものです。

今回、GPIFは3種類のESG指数を採用しました。

環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)のESG全般を考慮に入れた「総合型」の指数2つと、社会(S)のなかでも女性の活躍にフォーカスした「テーマ型」の指数が1つです。

GPIFが採用したESG投資の3指数

  • 総合型①:FTSE Blossom Japan Index
  • 総合型②:MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数
  • テーマ型:MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

各指数の概要を見て気になるのが銘柄数が多いことです。

2017年6月時点で、FTSE Blossom Japan Indexが151銘柄、MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数が251銘柄、MSCI日本株女性活躍指数(WIN)が212銘柄です。

通常これだけ分散するとおそらくですがTOPIXとほぼ同じ動きになります。

GPIFの説明資料に2012年3月~2017年3月の5年間のパフォーマンス比較が掲載されていました。(リターン・リスクは年率)

FTSE Blossom Japan Index

  • リターン14.69%、リスク18.01%

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

  • リターン14.90%、リスク17.77%

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

  • リターン14.95%、リスク16.97%

上記3指数のESGポートフォリオ全体(40%:40%:20%の投資割合)

  • リターン14.83%、リスク17.62%

TOPIX

  • リターン14.43%、リスク17.78%

リターンとリスク共に少しですが良いデータとなっていますが、ほとんどTOPIXと変わりません。

米国株でもESG関連のETFがありますがこれもS&P500とほぼ同様の動きとなっています。

下記はESG投資のETFとS&P500の比較チャートです。

f:id:gfplite:20170821062553p:plain

こちらはリターンが若干下回っています。

日本株のESG投資は始まったばかりですのでどうなるかわかりませんが、これに1兆円投資して更に増額する意味はあるのかと思ってしまいます。

大切な年金ですので良い運用をお願いしたいです。