ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

世界の株価指数 年初来騰落率(現地通貨ベース、米ドルベース)

世界の株価指数の年初来騰落率(2017/8/14現在)を下記に掲載します。

通常の現地通貨ベースの年初来騰落率に加えてカッコ内は米ドルベースの年初来騰落率を掲載しています。

  • NYダウ:+10.60% (+10.60%)
  • ナスダック:+16.23% (+16.23%)
  • ブラジルボベスパ:+11.84% (+13.99)
  • ユーロストック50:+4.43% (+17.50%)
  • イギリスFTSE100:+2.65% (+8.26%)
  • 日経平均:+2.21% (+9.17%)
  • ハンセン指数:+22.86% (22.84%)
  • 上海総合指数:+4.31% (+8.70%)
  • S&P/ASX200指数(オーストラリア):+1.14%(+10.68%)

例えば日経平均円ベースでは+2.21%ですが米ドルベースにすると+9.17%となります。

今年に入って日本株は米国株に比べて大きく出遅れているイメージがありますが、米ドルべースに統一して比較するとほぼ同じパフォーマンスということになります。

ちなみに当たり前ですが円ベースの+2.21%と米ドルベースの+9.17%の差は円高になった分です。

特に日本株の場合は円高になると日経平均は下がりますが、米ドルベースにするとその分がプラスに働きますので相殺されます。

オーストラリアのS&P/ASX200指数豪ドルベースでは+1.14%ですが米ドルベースにすると10.68%となりNYダウを上回る年初来騰落率となります。

ユーロストック50もユーロベースではそれほどでもありませんが、ユーロ高の影響が大きく米ドルベースにすると+17.50%と高い年初来リターンとなっています。

このように世界の株価を比較する場合は現地通貨ベースに加えて米ドルベースの分析も重要となります。