ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

世界最大のリートはサイモン・プロパティ・グループからアメリカンタワーに交代

昨日の記事で、米国リートはセクターによってパフォーマンスにバラつきが出ており、直近はショッピングモールなどの商業・小売が不調で、逆に無線基地局などを保有するインフラ関連のリートが好調であると掲載しました。

長らく世界のリート市場で時価総額トップを誇っていたのはサイモン・プロパティ・グループ(SPG)でした。

サイモン・プロパティ・グループ(SPG)は世界10か国以上に200以上のショッピングモールを保有しています。

日本でも三菱地所との合弁で事業を行っており、静岡の御殿場プレミアムアウトレットなどを所有しています。

近年、アマゾンを初めとしたEC市場拡大により、実店舗であるショッピングモールの業績が伸び悩んでいます。

その影響でサイモン・プロパティ・グループ(SPG)の株価も2016年7月の高値から30%下落しています。

そのサイモン・プロパティ・グループ(SPG)を抜いて現在、時価総額1位になっているのが、アメリカンタワー(AMT)です。

アメリカンタワー(AMT)は携帯電話等の無線通信向けのタワーを所有しています。

モバイルデータ通信は当面高い成長が見込まれています。

またデータセンターも同様に高い成長が見込まれており、これらを保有するインフラ関連リートは時価総額を増やしています。

下記に米国リートの時価総額上位を掲載しますが、いつのまにか時代の流れを反映した銘柄構成に変化しています

米国リート時価総額上位

  1. アメリカンタワー(AMT):インフラ(無線通信向けのタワー)
  2. サイモン・プロパティ・グループ(SPG):商業・小売(ショッピングモール)
  3. クラウン・キャッスル・インターナショナル(CCI):インフラ(無線通信向けのタワー)
  4. エクイニクス(EQUX):インフラ(データセンター)
  5. パブリックストレージ(PSA):倉庫(セルフサービス倉庫)
  6. プ囗ロジス(PLD):物流施設
  7. アバ囗ンベイ・コミュニティーズ(AVB):住居
  8. ウェルタワー(HCN):老人ホーム、ヘルスケア施設
  9. エクイティ・レジデンシャル(EQR):住居
  10. ウェア・ハウザー(WY):森林

株式市場でも米国は世代交代が活発で結果的にNYダウも長期的に上昇しています

米国株式市場の主力銘柄の変遷はこちらを参照してください!

時価総額上位企業(1992年と2016年) / グローバルでは大きな変化、日本は同じ顔ぶれ - ファイナンシャルスター

米国リートのセールストークはこちらを参照してください!