ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

金(gold)投資は現物裏付けのETFがベスト

北朝鮮、シリアなどの地政学リスクの高まりから金(gold)の価格が上昇してきました。(僅かな上昇ですが)

金(gold)は米ドルとは逆相関で米ドルの代替資産とも言われます。

戦争などで世界が大混乱して基軸通貨の米ドルすら信用できなくなったら、最後の頼りは金(gold)しかないということでしょうか。

そこまで行かなくてもリーマンショック後の米国の金融緩和で米ドルが大幅に下落した時も金(gold)は大幅に上昇しました。

よって広い意味でのリスクヘッジとして一部保有しておくと、万が一の時の助けになるかもしれません。

そこでどのような商品に投資するべきかを考えてみます。

  • 現物
  • 投信(金先物が投資対象)
  • ETF(金先物が裏付け資産)
  • ETF(現物が裏付け資産)

まず現物はコストと安全面から多額の投資には向いていません。

投信は投資対象が金先物になりますが、先物の場合はロールコストの分だけ現物よりもパフォーマンスが悪くなります。

ETFでも裏付け資産が金先物の商品は同様にロールコストの問題でベストではありません。

ベストは現物が裏付け資産となっているETFです。

ETFの場合コストも安いので長期間保有してもほぼ金(gold)のスポット価格と同じパフォーマンスになります。

先物のロールコストについてはETFの概要(原油等コモディティ関連ETFは注意が必要) - ファイナンシャルスターを参照して下さい

注意していただきたいのはETFの中でも裏付け資産が現物と金先物では別物だということです

金(gold)ETFは東証にも複数上場しており、同じ投資対象で同じリスクを負うのであればしっかりリターンを享受できるものに投資しましょう。

ちなみに金(gold)の場合はドル建ての方が分かりやすい人も多いと思います。

その場合は海外ETFであるiシェアーズ・ゴールド・トラストがオススメです。

こちらも現物が裏付け資産のETFです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村