ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

フィデューシャリーデューティと顧客の利益

世界的にフィデューシャリーデューティの厳格化が進んでいます。

日本でも顧客に投信などを提案する際、同じ投資対象で低コストのETFやインデックスファンドの存在を情報提供する必要が出てくるようです。

現在でも一定の規制はありますが、より厳格化される流れです。

同じ投資対象で、流動性の問題もないETFが存在するのに手数料が高い投信を提案することは問題だと思います。

では手数料の低い商品を提案していれば、それでいいかというと少し違うと思います。

顧客が利益を上げられるように最善を尽くす事が本来のフィデューシャリーデューティではないでしょうか?

米国のように右肩上がり株式市場と利回りの高い債券市場であれば、タイミング等は特に考えず、低コストの商品でポートフォリオを組み、それを提案すれば良いと思いますが、日本の場合はそれではダメです。

日本の場合、株式市場は右肩上がりでなく、金利水準も低く、投資対象は日本株も含め為替の影響を受けます

日本の金融機関は米国のマネをしてラップ(ファンドラップ)を強烈に推進しています。

購入するタイミングを問わず、長期でお任せしておけば大丈夫という理論です。

日本の場合、基軸通貨ドルの米国とは違い、これでは中々うまくいきません。

 米国のやり方をそのまま日本でやっても上手くいかない事が明白である以上、違うやり方や考え方を導入する必要があります。

日本の証券会社や銀行で運用アドバイスをやっている営業マンはもう少し顧客が儲かるための勉強が必要だと感じます。

フィデューシャリーデューティ強化で低コスト商品を提案しても、儲からなければ意味がありません。

現在はその「儲かるか否か」の部分があまりにも無いように感じます。

もちろんマーケットを的中し続けることは不可能ですが、それだけ難しいのであれば尚更、勉強して理論武装する必要があります。

その上でラップが良いという結論であればそれで良いと思いますが、会社の方針とか金融庁の方針だからだけではプロとして失格です。

知識や経験値を高めて顧客の利益を追求しましょう。

これが本当のフィデューシャリーデューティです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村