ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

円高の理由は米国の実質金利が低すぎることが原因

2016年7月〜10月のドル円レートは1ドル=100円〜105円で推移していました。

2016年11月の大統領選挙でトランプ大統領が決定すると、一気に円安ドル高が進み2016年12月には1ドル=118円まで円安ドル高となりました。

多くのアナリストは1ドル=120円超えや130円など更なる円安を予想してしていました。

しかし2017年に入ると円高が進み2017年3月現在、1ドル=110円前後です。

この理由は色々と説明されていますが、最も影響が大きいのは米国の実質金利が低すぎる点だと思われます。

言い方を変えると日米実質金利差が縮小しているということです。

ちなみに新聞などで「日米金利差がドル円レートに影響を与える」という内容を目にしますが、為替を見る上で重要なのは「日米金利差」ではなく「日米実質金利差」です。

為替レートについて考える場合、インフレ率も考慮しないとあまり意味がありません

現在の実質金利を3ヶ月LIBORとCPIを基準に計算すると

米国の実質金利

3ヶ月LIBOR:1.15%

インフレ率(CPI):2.70%

実質金利:−1.55%(3ヶ月LIBOR−インフレ率) 

日本の実質金利

3ヶ月LIBOR:0.02%
インフレ率(CPI):0.40%
実質金利:−0.38%(3ヶ月LIBOR−インフレ率)

 どちらもマイナスですが日米を比較すると相対的に日本の方が高くなります。

短中期の為替レートの変動はこの日米実質金利差で大部分を説明することができます。

今の状況を考えると、日本のインフレ率はすぐに大きく上昇する感じではないので、米国の利上げが進むか、米国のインフレ率が低下しないと円高ドル安が進みそうです。

もちろん日本のインフレ率が上昇するパターンが最高なのですが。。。

日米実質金利差のチャート、為替レートの短期・中期・長期の予想分析はこちらを参照してください!

為替レートの予想・分析は実質金利差・購買力平価を活用 - ファイナンシャルスター

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村