ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

私募リートの運用残高は着実に増加

私募リートとはJ-REITと異なり上場していないREITです。オープンエンド型の投資法人で運用期間の定めはありません。

日本国内では2010年から運用が始まり、2016年12月末時点で20の投資法人、約2兆円の保有資産総額となっています。

私募リートの投資法人数と保有資産総額の推移

f:id:gfplite:20170327190505p:plain

私募リートのLTV(借入比率)は40%弱でエクイティの出資総額は約1.2兆円です。

投資家は年金21%、中央金融法人22%、地域金融機関40%、事業法人17%となっています。

流動性がない点がデメリットですが、上場REITと異なりマーケット価格はなく、年2回の鑑定評価額のみとなりますので、価格の変動率は小さくなります。

地域金融機関が40%となっていますが、価格の変動率が低く減損リスクが低い点が購入動機の一つとなっています。

また、リートの分配金(J-REITも含む)は業務純益にカウントされることも金融機関が購入する動機の一つとなっています。

利回りがそこそこ高く、ボラティリティは低く、業務純益にカウントできる、金融機関にとっては願っても無い商品です。

後は出口を上手く切り抜けれるかにかかっています。

私募リートや私募ファンドについての詳しい内容はJ-REIT・私募REIT・私募ファンドの違い - ファイナンシャルスターを参照ください。

地銀が私募リートを積極的に購入している件については地銀や年金が私募REITを積極購入~日経新聞記事~ - ファイナンシャルスターを参照ください。

 私募リート一覧

f:id:gfplite:20170327190521p:plain

上記のデータは不動産証券化協会-ARES(The Association for Real Estate Securitization)より参照しています。

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村