ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

オーストラリア準備銀行は豪ドル安を望んでいる様子

オーストラリアは今月も利上げを見送ったことで16回連続で政策金利を1.5%で据え置いています。 オーストラリア準備銀行のロウ総裁は賃金の伸びが鈍いことやインフレ率が目標としている2~3%に届いていないことを理由に、当面金利は上昇しないことを示唆しまし…

老後の不安を取り除けば個人消費が活発化すると思う(退職=年金開始でないとおかしい)

退職と年金開始のタイムラグはおかしい 公務員は段階的に定年を65歳に延長すると報道されています。 民間でも定年を65歳まで延長する企業は増えてきましたが、まだごくわずかです。 多くの企業では「再雇用制度」などの仕組みを準備していますが、実際には65…

日米の実質金利は米ドルの方が高いので極端な円高にはならないはず(2018年2月現在)

実質金利とは「名目金利一インフレ率」のことです。 インフレも加味したうえでどれくらいお金が増えるかを表します。 例えば金利が高くてもそれ以上にインフレ率が高い場合、実質的には購買力は減っているということになります。 実質金利を計算する上でどの…

銀行の預貸率低下は口座管理料導入でストップ / 銀行の余剰資金運用はやめた方が良い

大きすぎても小さすぎても預貸率は低下する 預貸率とは銀行が集めた預金に対してどれくらい貸出ができているかを表す指標です。 預金は銀行にとっては借入(資金調達)で、その資金を元手に融資ビジネスを行っています。 適正な預貸率というのは明確な基準はあ…

銀行株の時価総額が減り過ぎ(1989年との比較) / 特にみずほFGは実質-94%

下記は2018年2月12日の日経新聞の一部抜粋です。 株式時価総額。普段、ニュースで何気なく耳にするが、その意味をひと言で言うなら「会社の値段」だ。会社が将来どのくらい成長するのかといった期待やブランド力、社員の働きやすさまで含めた企業の総合力を…

日本の経常収支が過去2番目の黒字 / インバウンドの影響も大きい

2017年の日本の経常収支は21.8兆円の黒字となり、2007年の24.9兆円に次いで過去2番目の黒字幅となました。 日本の経常収支の内訳は年を追うごとに変化しています。 日本の国際収支の長期推移はこちらをご覧ください:日本の国際収支推移 - ファイナンシャル…

VIX指数のベア(インバース)型ファンドがとんでもないことに(90%以上下落)

VIX指数は米国のS&P500指数のボラティリティーインデックスです。 分かりやすく言うとS&P500指数の変動率を表す指数です。 通常、株価が急落すると大きく上昇します。 よって、個人的には保有株式のヘッジ手段としてVIX指数に連動するETFなどは短期保有であ…

「8」のつく年は暴落になるのか / 1998年ロシア危機、2008年リーマンショック

昨年は「7」のつく年のマーケットは波乱が多いという話がありました。 1987年:ブラックマンデー 1997年:アジア通貨危機 2007年:パリパショック 詳しい内容はこちらをご覧ください。 www.finance-lite.com 結果は2017年は波乱なく、非常に良いマーケット環境で終…

J-REITの上場銘柄数増加は必ずしもプラスでない

J-REITは2018/2/1現在、59銘柄が上場されています。 直近では2018/2/7にCREロジスティクスファンド投資法人(3487)、2/15にザイマックス・リート投資法人(3488)が新規公開(IPO)されます。 逆に少し先ですが、2018/5/1に積水ハウス・リート投資法人(3309)と積水…

1兆円超えファンドはグローバル・ロボティクス株式ファンドだけでなくPIMCOインカム戦略も

先日の日経新聞で日興アセットの「グローバル・ロボティクス株式ファンド」が4コース合計で1兆円を突破したとの記事がありました。 日本株関連では2000年に設定された伝説の投信である「ノムラ日本株戦略ファンド」以来の1兆円越えです。(ちなみに伝説は悪い…

インフレは国民を幸せにする / 「2%未達でもデフレ脱却判断」は円高・財政悪化になるのでやめた方が良い

政府はインフレ率の見通しを下方修正し、2%に達する時期を2021年度に(何度目になるかわかりませんが)先送りしました。 政府や日銀が目安としているのは俗にいうコアCPI(消費者物価指数 生鮮食品を除く)で現在は0.9%まで上昇しています。 2%にはまだ遠…

大和証券がサムティ・レジデンシャル投資法人(3459)のサブスポンサーに / セイムボード出資は驚異の35.4%

大和証券がサムティ・レジデンシャル投資法人(3459)のサブスポンサーになります。 具体的には2018/2/1にサムティ・レジデンシャル投資法人を運用するサムティアセットマネジメントの株式33%を大和証券から譲り受けることに加え、サムティ・レジデンシャル投資…

なぜ米国REITの心配をしている人が多いのか考えてみた / 今後の見通しは?(2018年1月)

ゼウスの基準価格下落は高い分配金利回りが原因 分配金利回りの高さを理解して購入しているのでは? 米国REITは金利上昇で短期調整中 米国REITと株式(S&P500)の比較チャート 米国REITは買い 足元、日米共に株価は堅調、リートは不調となっています。 ちなみ…

利益に直結するおすすめ書籍と便利グッズ【2018年】

機関投資家は100%知っている中小型株のスペシャリスト 苦瓜達郎 伝説の為替ディーラー・黄金分割比のスペシャリスト 若林栄四 英会話の勉強が必要なくなる日が近い?高性能ポケット型翻訳機 マーケット関連でぜひ読んでもらいたい書籍を2つと便利グッズを1…

原発再稼働するなら電力会社の役員が近隣に住むべきではないか

東日本大震災の影響で日本の原子力発電所は2012年5月に全てが停止しました。 事故を起こした福島第1原発のニュース映像等を見れば、原発停止は当たり前だと誰もが思うところでしょう。 それでも少しずつ原発再稼働が進み、現在、関西電力高浜原発3,4号機(…