ファイナンシャルスターLite

ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」のサテライトサイト

地震に強いJ-REIT

J-REITのリスク要因の1つに地震があります。 2018/6/18月)の朝8時頃、大阪で震度6弱の地震が発生しました。 この日は米中の貿易戦争突入懸念もあり、株価は大きく下落しました。 日経平均が171円安、東証マザーズ指数は15ポイント安で引けました。 一方、東…

株式投資には注意すべきタイミング/当面のリスクをまとめました

①米中貿易戦争の可能性 ②世界株式の水準は対GDP比でやや高め ③中国の債務問題 ④ドイツの景況 ⑤米国10年債の利回りが上昇しない 個人的願望としては株式市場が右肩上がりになって欲しいのですが、足元のマーケットはネガティブな材料も増えてきているので…

健全化した日本の株式市場(持ち合い株式は大幅に減少)

参考記事【日経新聞2018/6/15】 米国のような健全なマーケットに近づいた日本株市場 参考記事【日経新聞2018/6/15】 企業同士の持ち合い株(政策保有株)に対する投資家の対応は一段と厳しくなっている。企業統治指針ではこれまで保有の方針を開示すべきとだ…

イタリア国債の利回り上昇は買いか?

イタリアのスプレッドが拡大 イタリアのクレジット投資 ①ユーロ建てのイタリア国債を購入し円ヘッジ ②ドル建てのイタリア国債 ③クレジットリンク債 イタリアのクレジットリスクはそれほど高くない イタリアのスプレッドが拡大 イタリアの政局不安によりイタ…

ブラジルレアルはそろそろナンピン / 実質金利が高く理論的に儲かる

ブラジルの実質金利は高水準 円/レアルは半分以下だがレアル債投信はプラス ブラジルの実質金利は高水準 米国の金利上昇の影響で新興国通貨が大きく下落しています。 もちろん、米ドル金利の上昇のみが下落の要因ではなく、それぞれの国ごとに政局不安やイン…

政策金利が40%のアルゼンチンは大丈夫なのか

短期間で3回の利上げ、政策金利は40% アルゼンチンの信用リスクは悪化していない 短期間で3回の利上げ、政策金利は40% アルゼンチンは2018/4/27に3%、2018/5/3に3%、2018/5/4に6.75%の利上げを行い、政策金利が40%となっています。 最近のアルゼンチンのイ…

米国の利上げはマーケットに悪影響なのか / 前回の利上げ局面を確認

足元、新興国通貨が売られ、日米のREITは軟調な展開です。 その要因として米国の金利上昇をあげる人が多いようです。 確かに米ドルの金利が上がれば、新興国に流れていた資金の逆流が起こり、新興国通貨にとってはマイナスのように感じます。 また、米国REIT…

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の分配金を勘違いしていませんか?

「カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人」は東証のインフラファンド市場に上場しているインフラファンドの1つです。 現在、上場しているインフラファンドは下記の4銘柄で全て投資対象は太陽光発電施設です。 タカラレーベン・インフラ投資法人(9281) …

投信残高のおかしな現状 / 個人は増えず銀行が急増

個人の投信保有は実は増えていない 銀行の投信保有は異常に増えている 個人の投信保有は実は増えていない よく、日本の公募投資の残高が大きく増加しているとの記事を目にします。 確かに公募投信(リートを除く)という範囲ではリーマンショック前のピーク…

スーパー金融マンになれるかクイズ(株式編)

①株式の売出し・立会外分売・ブロックトレードの違いを簡単に説明してください ②「中国の中小型成長株に投資したい」とのニーズがあった場合、香港・上海・深センのどの市場がベストか? ③空売り比率の定義を説明できますか? 今回は「株式」関連の少しマニ…

ひふみ投信の組入れ1位はアマゾン / 残高増加でも高パフォーマンスを維持できるか

日本株のアクティブファンドで今、最も人気があるのが「ひふみ投信」です。 独立系運用会社のレオス・キャピタルワークスが運用を行っております。 当社の社長であり最高投資責任者である藤野英人氏はノムラアセット、ジャーディンフレミング、ゴールドマンサ…

ゼウスの分配金が25円に減額されたが当たり前の措置 / 残高減少で相対パフォーマンス好転も

ゼウスの分配金引下げは妥当 米国リートのパフォーマンスが特に悪いわけではない ゼウスの残高減少は実は良い点もある ゼウスの分配金引下げは妥当 新光US-REITオープン(ゼウス)の分配金が50円から25円に減額されました。 もしかするとこれでさらに解約が進…

FRB副議長になるクラリダ氏はピムコのMD兼コロンビア大教授

FRB理事は正副議長含めて7名が定員です。 一時期、最大4名の空席といった異常事態でしたが、ようやくメンバーが埋まってきました。 クラリダ氏がFRB副議長に内定し、ボウマン氏が理事に内定したことで理事の空席は残り1つとなりました。 FRB理事は7名全員がF…

ESG投資は効果があるのか?パフォーマンスを検証

ここ最近「ESG」という言葉を聞かない日はありません。 ESGとは環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の頭文字をとったものです。 ESG投資とはこれらに配慮している企業を選別して投資するものです。 ESGに配慮している企業は業績面でも中…

デフレの日本とデフレにならないドイツ / ポイントはユーロ

日本とドイツは元々よく似た国だと言われてきました。 第2次世界大戦では日本とドイツは同盟国として戦い、米国に敗れ、その後工業化を進め、奇跡の成長と呼ばれるような経済成長を成し遂げました。 しかし、現在では好景気が続くドイツと不景気とデフレが続…